So-net無料ブログ作成
検索選択

紅白 順番 2012 [芸能]

紅白 順番2012が、
12月25日に発表されました。


SMAPが大トリ、
いきものがかりがトリを務めます。


SMAPは、2010年から3年連続の大トリです。
2003年、2005年もあわせると5度目の大トリになります。


いきものがかりは、初めてのトリですね。
トリの曲は、NHKのロンドン五輪のテーマ今日「風が吹いている」です。


大トリのSMAPは、
SMAP 2012’ SPと題するスペシャルメロディを
披露するそうです。


今さら、言うことではないかもしれませんが、
SMAPって、天下のNHKも
完全に信頼しているんですね。


SMAPと同じジャニーズ系でいえば、
郷ひろみ、田原俊彦、マッチなども
大トリをとることはできませんでした。


もちろん、SMAPのメンバーの
エンターメントの世界での
影響力はすごいものがあると思います。


今のSMAPって、完全にアイドルの域を超えていますよね。
かつての美空ひばりや石原裕次郎のような
国民的スターです。


だけど、SMAPって、
ファンとの近さを大切にしているんですよね。
親近感を大切にしています。
そんなところをNHKも認めているんだと思います。


「第63回NHK紅白歌合戦」出場歌手・曲順(カッコ内は出場回数)

【前半】
1.浜崎あゆみ「2012 A SPECIALメドレー 」(14)
2.NYC「NYC紅白メドレー」(4)
3.SKE48「パレオはエメラルド」(初)
4.ゴールデンボンバー「女々しくて」(初)
5.AAA「777~We can sing a song!~」(3)
6.中島美嘉「初恋」(9)
7.三代目 J Soul Brothers「花火」(初)
8.水樹奈々「BRIGHT STREAM」(4)
9.FUNKY MONKEY BABYS「サヨナラじゃない」(4)
10.藤あや子「わすれない」(18)
11.HY「いちばん近くに」(2)
12.水森かおり「ひとり長良川」(10)
13.ナオト・インティライミ「Brave」(初)
14.倖田來未「Go to the top」(8)
15.細川たかし「浪花節だよ人生は」(36)
16.香西かおり「酒のやど」(16)
17.ポルノグラフィティ「カゲボウシ」(11)
18.西野カナ「GO FOR IT」(3)
19.舘ひろし「嵐を呼ぶ男」(2)
20.伍代夏子「恋ざんげ」(19)
21.森進一「冬のリヴィエラ」(45)
22.絢香「はじまりのとき」(6)


【後半戦】
23.関ジャニ∞「初紅白!! 全力前進ジャジャジャジャーン!!! 」(初)
24.ももいろクローバーZ「ももいろ紅白だZ!! 」(初)
25.TOKIO「KIBOU」(19)
26.Perfume「Spring of Life」(5)
27.コブクロ「紙飛行機」(7)
28.AKB48「AKB48紅白2012SP~第2章~」(5)
29.郷ひろみ「デンジャラー☆」(25)
30.aiko「くちびる」(11)
31.五木ひろし「夜明けのブルース」(42)
32.きゃりーぱみゅぱみゅ「紅白2012きゃりーぱみゅぱみゅメドレー」(初)
33.徳永英明「上を向いて歩こう」(7)
34.由紀さおり「夜明けのスキャット」(13)
35.斉藤和義「やさしくなりたい」(初)
36.天童よしみ「ソーラン祭り節」(17)
37.YUI「Good-bye days」(初)
38.氷川きよし「櫻」(13)
39.坂本冬美「夜桜お七」(24)
40.嵐「New Year’s Eve Medley 2012」(4)
41.美輪明宏「ヨイトマケの唄」(初)
42.和田アキ子「愛、とどきますか」(36)
43.EXILE「Rising Sun」(8)
44.YUKI「プリズム」(初)
45.福山雅治「Beautiful life」(5)
46.プリンセス プリンセス「Diamonds」(初)
47.石川さゆり「天城越え」(35)
48.北島三郎「風雪ながれ旅」(49)
49.いきものがかり「風が吹いている」(5)
50.SMAP「SMAP 2012’SP」(20)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

inac神戸レオネッサ 川澄 田中明日菜 皇后杯3連覇 画像 [サッカー]

inac神戸レオネッサが、
12月24日、
第34回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会の決勝で、
千葉と対戦し、
1-0で破り、
皇后杯3連覇を達成しました。

川澄.jpg
川澄

この試合では、序盤から
inac神戸レオネッサが、
圧倒的にボールを支配しました。


しかし、なかなか決定機に結び付けることができず
終盤まで両チーム無得点のままでした。


延長戦に突入かと思いましたが、
後半ロスタイムに
inac神戸レオネッサの
田中明日菜がCKを押し込み、
これが決勝点になりました。

田中明日菜.jpg
田中明日菜

inac神戸レオネッサは、
皇后杯3連覇を達成しましたが、
今大会は苦しい戦いが続きました。


決勝の千葉戦、
準決勝の浦和戦ともに
1-0の僅差での勝利になりました。


準決勝の浦和戦では、
前半は完全に浦和が押し気味でした。


年々、各チームが実力をつけてきているのでしょうね。
これは、日本女子サッカー界にとっては、
いいことだと思います。


ただ、今回、僅差での優勝だとはいえ、
まだまだinac神戸レオネッサの実力が
ずば抜けていることは、
間違いありません。


川澄は、
準決勝の浦和戦後、
「(浦和は)場面ごとにアクセントをつける選手が
いない感じだった」
と余のコメントを残しています。


星川監督にとっては、
これがラストゲームになりました。
有終の美が飾れてよかったですね。
監督の日本女子サッカー界への貢献は、
計り知れないものがあります。


世界選手権での優勝も
ロンドンオリンピックでの準優勝も
inac神戸レオネッサの選手が主体となって
勝ち得たものです。
inac神戸だけでなく、リーグ全体のレベルアップに
監督が果たした功績も大きいですね。


来年の日本女子サッカーも楽しくなりそうです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

雨上がり 宮迫 病名 胃がん [芸能]

雨上がり 宮迫の病名は、
胃がんだったことがわかりました。


宮迫は、レギュラー番組のABC放送の
ドークバラエティ「雨上がりのやまとナゼ?しこ」
に出演し、相方の蛍原徹(44)のからみで、
「大変なことらしいんやけど、取ってしまえば大丈夫みたいです」
と語りました。


所属事務所には、「初期の胃がん」と報告しているようです。


今年11月に、東京都内で6年ぶりに、
人間ドックを受けた時に、
胃がんが発見されたようです。


早期で見つかったのは、
不幸中の幸いですね。


12月6日に、都内の病院に入院し、
数日中に開腹手術を受けるようです。


芸能界復帰は、来年1月をめどにしているようです。


本当に、病状が軽いことを祈りたいですね。


宮迫の例からもわかるように、
人間ドックや健康診断は、
定期的に受けるべきですね。


がんは、早期発見早期治療が一番です。


普段は、ついつい健康診断を受けるのを
延ばしがちになってしまいますよね。


市町村が、実施している特定健診などは、
費用も安く受けることができます。


特定健診を受けると、
血液や尿などのデータを基に、
医師のアドバイスも受けることができます。


それと、普段から健康に気を使うことも
大切ですよね。
食生活や運動で、規則正しい生活をして、
健康な身体を保つ努力が必要ですね。


宮迫なんかは、仕事が忙しすぎて、
なかなか健康診断に行くひまがなかったんでしょうね。


芸能界のような世界では、
睡眠不足のになったり、ストレスがたまったり
しやすいのだと思います。

胃がんを切除して、早く元気に復帰してほしいですね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能
国の金融政策

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。