So-net無料ブログ作成
検索選択
サッカー ブログトップ

inac神戸レオネッサ 川澄 田中明日菜 皇后杯3連覇 画像 [サッカー]

inac神戸レオネッサが、
12月24日、
第34回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会の決勝で、
千葉と対戦し、
1-0で破り、
皇后杯3連覇を達成しました。

川澄.jpg
川澄

この試合では、序盤から
inac神戸レオネッサが、
圧倒的にボールを支配しました。


しかし、なかなか決定機に結び付けることができず
終盤まで両チーム無得点のままでした。


延長戦に突入かと思いましたが、
後半ロスタイムに
inac神戸レオネッサの
田中明日菜がCKを押し込み、
これが決勝点になりました。

田中明日菜.jpg
田中明日菜

inac神戸レオネッサは、
皇后杯3連覇を達成しましたが、
今大会は苦しい戦いが続きました。


決勝の千葉戦、
準決勝の浦和戦ともに
1-0の僅差での勝利になりました。


準決勝の浦和戦では、
前半は完全に浦和が押し気味でした。


年々、各チームが実力をつけてきているのでしょうね。
これは、日本女子サッカー界にとっては、
いいことだと思います。


ただ、今回、僅差での優勝だとはいえ、
まだまだinac神戸レオネッサの実力が
ずば抜けていることは、
間違いありません。


川澄は、
準決勝の浦和戦後、
「(浦和は)場面ごとにアクセントをつける選手が
いない感じだった」
と余のコメントを残しています。


星川監督にとっては、
これがラストゲームになりました。
有終の美が飾れてよかったですね。
監督の日本女子サッカー界への貢献は、
計り知れないものがあります。


世界選手権での優勝も
ロンドンオリンピックでの準優勝も
inac神戸レオネッサの選手が主体となって
勝ち得たものです。
inac神戸だけでなく、リーグ全体のレベルアップに
監督が果たした功績も大きいですね。


来年の日本女子サッカーも楽しくなりそうです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
サッカー ブログトップ
国の金融政策

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。