So-net無料ブログ作成
検索選択

紅白歌合戦 2012 出演者 発表 [音楽]

紅白歌合戦 2012 出演者が、
11月26日に発表されました。

SKE48.jpg

第63回 NHK紅白歌合戦出場者一覧
紅組
aiko(11)
絢香(6)
いきものがかり(5)
石川さゆり(35)
AKB48(5)
SKE48(初)
きゃりーぱみゅぱみゅ(初)
香西かおり(16)
倖田來未(8)
伍代夏子(19)
坂本冬美(24)
天童よしみ(17)
中島美嘉(9)
西野カナ(3)
Perfume(5)
浜崎あゆみ(14)
藤あや子(18)
プリンセス プリンセス(初)
水樹奈々(4)
水森かおり(10)
ももいろクローバーZ(初)
YUI(初)
YUKI(初)
由紀さおり(13)
和田アキ子(36)


白組
嵐(4)
五木ひろし(42)
HY(2)
EXILE(8)
NYC(4)
関ジャニ∞(初)
北島三郎(49)
郷ひろみ(25)
ゴールデンボンバー(初)
コブクロ(7)
斉藤和義(初)
三代目 J Soul Brothers(初)
SMAP(20)
舘ひろし(2)
TOKIO(19)
徳永英明(7)
AAA(3)
ナオト・インティライミ(初)
氷川きよし(13)
FUNKY MONKEY BABYS(4)
福山雅治(5)
細川たかし(36)
ポルノグラフィティ(11)
美輪明宏(初)
森進一(45)

(  )は、出場回数です。


紅白歌合戦 2012の初出場は、
SKE48、きゃりーぱみゅぱみゅ、プリンセス プリンセス、
ももいろクローバーZ、YUI、YUKI、関ジャニ∞、
ゴールデンボンバー、斉藤和義、
三代目 J Soul Brothers、ナオト・インティライミ、
美輪明宏の12組です。


紅組最長の33年連続出場を記録していた
小林幸子は落選しました。


K‐POP組は、昨年2011年は、
KARA、少女時代、東方神起が出場しましたが、
2012年の紅白は0でした。
これに対しては、
韓国のマスコミなどから
批判の声があがっているようです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

長久保浩二 立てこもり 理由 画像 [ニュース]

長久保浩二 立てこもり 理由 画像を
調べてみました。

長久保浩二.jpg

長久保浩二容疑者は、11月22日、
愛知県豊川市の豊川信用金庫蔵子(ぞうし)支店で、
5人を人質し立てこもりました。


11月23日、愛知県警の捜査員が、
支店に踏み込み、長久保浩二容疑者(32)を
逮捕しました。


長久保浩二容疑者が立てこもった理由は、
「野田総理の退陣を目的としていた」というものです。
これは、本人の供述です。


長久保容疑者は、
サバイバルナイフ1本とカッターナイフを武器にし、
5人の人質を取りました。


容疑者は、12時間も立てこもりましたが、
この間、支店でテレビなどで、
事件に関するニュースなどをチェックしていたようです。


ニュースの「犯人の男は50代くらい」という報道に対して、
人質を通じて「自分は32歳だから、訂正してくれ」と
愛知県警に申し入れたそうです。


愛知県警は、今後、さらに詳しい動機や
この支店を選んだ理由などについて、
捜査を進めるそうです。


支店内の金銭には、いっさい手をつけていませんね。
金銭目的では、なかったんでしょうね。


本人の供述どおり、野田首相の退陣が目的なら、
どこかの政治団体の属していた可能性もありますね。


人質の一人の19歳の女性職員が、
腕に浅い切り傷を負ったそうですが、
他には、人質の負傷はなかったようです。


全体的に不可解な事件ですね。


長久保浩二容疑者の思考回路が、生みだした事件だということでしょうね。
ようするに彼の思考が、通常の人の思考と
だいぶズレてしまったために起こした
事件なんだと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

上西小百合 維新 写真 [政治]

上西小百合氏は、日本維新の会の衆議院議員候補として、
出馬します。
その上西氏の写真は、こちらです。

上西小百合氏.jpg

上西氏は、現在、29歳の若さです。
日本維新の会の公認を得て、
大阪7区から立候補します。


彼女は、11月19日、
JR吹田駅前で、初の街頭演説に挑みました。


「日本にはもう既成政党に任せておく暇はない。維新であれば必ずや日本を変えることができる!」
「誰が相手とか関係なく、新人らしく、がむしゃらに意見を述べていきたい」
と訴えました。


この街頭演説には、
日本維新の会代表代行の橋下徹大阪市長(43)も、
応援に駆けつけました。


橋下市長は、
「こういう(フレッシュな)感覚の人も国政に送り出し、あとは僕に任せて」
「都知事と(元)大阪府知事がタッグを組んだ。これは日本の政治史上初めてのことだ」
「まあ、愛きょうでお許しください。政治の玄人がやっても20年間、日本は何も変わって来なかった。こういう感覚の人も国政に送り出してですね、あとは僕に任せてください」
などと訴えました。


上西小百合氏は、街頭演説で
言葉に詰まる場面もあったんですね。
それを橋下市長が、カバーした形です。


大阪7区といえば、
野田佳彦首相(55)の右腕と言われる
民主党・藤村修官房長官(63)の選挙区です。


上西氏は、藤村氏のような大物議員と
選挙戦を戦うことになります。
選挙結果が注目される選挙区になりましたね。


11月17日に日本維新の会は、
第1次公認候補の47人を発表しました。
そのうち、女性候補は4人です。


かつて、小泉首相の時代にも
上西氏のような新人が当選し、
小泉チルドレンと呼ばれました。


上西氏が、どこまで健闘するのか、
興味深いところです。


私個人的には、
日本維新の会のような新勢力が、
台頭するのは、必要なことだと思います。


日本は、根底から改革しないといけない
時期にきていると思います。


民主党政権も、しっかりした軸がないと思います。
しかし、民主党を離党した勢力や
自民等党、公明党などは、
票を獲得するために、
国民のご機嫌取りをしているにすぎないように見えます。


日本維新の会が、
日本の政界に新しい風を送ってくれることに、
期待したいと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
国の金融政策

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。